でんぱ組.incとこぶしファクトリーの対バンライブの感想

先日、渋谷TSUTAYA O-EASTにて行われたでんぱ組.incとこぶしファクトリーの対バンライブを見にいってきたので感想を書いていこうと思う。筆者は、でんぱ組.incをかなり昔に山下公園でリリイベをやっていたのを見かけたことがある位のほぼ初見で、この後の記述で間違っている箇所があるかもしれないので、お許し願いたい。

対バンの始まりは平和に

対バンのオープニングは、井上玲音のボイスパーカッションにあわせて、成瀬瑛美と和田桜子のラップ対決が行われた。若干の緩さもあり、会場の声出しのようなこともできたので、良いオープニングだったのではないだろうか。

先攻:こぶしファクトリー

「明日テンキになあれ」からスタートしたこぶしファクトリーのアクトは、さすがハロプロで対バンを多くやっているだけあって、はじめから飛ばしていく覚悟がみえた。その後の「バッチ来い青春!」や「チョット愚直に!猪突猛進」など比較的コールの入れやすい楽曲をいれて観客を沸かせる意図を感じ、しっかり対バン仕様のセトリを組んでいて楽しむことができた。特に「懸命ブルース」は、ものすごい迫力があり、若いロックバンドにこれがロックだと言いたいくらいロックしていた。そして5人のボーカルがソリッドなロック歌唱で、でんぱ組.incに挑んでいく意思が垣間見えたライブだったのではないだろうか。

後攻:でんぱ組.inc

さすがでんぱ組.incと称賛されるべきアクトだった。会場にいた多くの観客は、でんぱ組.incのファンで一種ホームのような状態ではあったが、会場を沸かせる楽曲を多くセトリに持ち込み、ファンがそれに応えるようなMixやコールを行い、完全に会場を掌握していた。正直筆者は、初見なのでどの曲だが分からなかったが、集団で移動するヲタ芸であったり、独自のMixなど、グループとしてしっかり応援文化が醸成されていて、その完成度の高さに度肝を抜かれた。また、でんぱ組.incの衣装を途中で変化したり、ダンスのフォーメーションを目まぐるしく変化させたりして、観客を視覚的に楽しませるビジュアルやコレオグラフィーに驚かされた。筆者は、ぺろりん先生のいい意味で力の抜けていて、自分の魅せ方を分かっているパフォーマンスに感動した。今後彼女がこのグループを引っ張っていくのではないかと個人的に思った。

気になったこと

これはけっして悪口ではなく、筆者がライブ中に気になったことであるので、気分を害することにならないことを願う。

こぶしファクトリーは、歌に注力していて、でんぱ組.incのように衣装のビジュアルやコレオグラフィーに力をいれていないので、長く見続けると視覚的に飽きられる可能性がある。彼女達をプロデュースするアップフロントは、このライブを機にその部分にも力を入れてやってほしいと思った。でんぱ組.incは、mixやヲタ芸など完成されすぎていて、初見の人が参加するのはなかなか難しいなと思った。もちろんグループは十分売れているので、気にする必要はないのかもしれないが、両者の対バンを初めて見た人からすると、コールがシンプルで参加しやすいのはこぶしファクトリーの方ではないだろうか。

セットリスト

<<こぶしファクトリー>>

1.明日てんきになあれ

2.バッチ来い青春!

-MC-

3.急がば回れ

4.チョット愚直に!猪突猛進

5.念には念

6.GO TO THE TOP!!

7.懸命ブルース

-MC/お知らせ-

8.TEKI

9.シャララ!やれるはずさ

<<でんぱ組.inc>>

1.プレシャスサマー!

2.NEO JAPONISM

3.太陽系観察中生命体

-MC-

4.FD3,DEMPA ROCKET GO!!

5.ちゅるりちゅるりら

6.キラキラチューン

-MC-

7.ギラメタスでんぱシスターズ

8.でんでんぱっしょん

-MC-(でんぱ組.inc×こぶしファクトリー)

(コラボ曲)

1.ラーメン大好き小泉さんの唄/こぶしファクトリー×でんぱ組.inc

2.サクラあっぱれーしょん/でんぱ組.inc×こぶしファクトリー

コメント