チケットの転売が絶対悪だと思わない理由

スポンサーリンク

この題で書こうと思ったのは、チケット転売規制法が成立するニュースが流れてきたからだ。個人的な意見として、チケット転売は絶対悪だとは思っていない。なぜなら、アーティストが以下のことを行えば市場原理で解決できると思うからだ。

単純に供給が需要が上回れば転売価格は下がる

転売チケットが高額化するのは、人気アーティストが行う、大きな会場で公演回数の少ないコンサートである。これは、ファンの需要がコンサートの座席数という供給を上回るため、転売チケットが高額化するのである。

個人的に解決策として、こういうアーティストは、もっとコンサートを行い、座席の供給を増やし、需給バランスを緩めれば良いと思っている。もちろん、都心部のコンサート会場不足は知っているが、地方にもコンサート会場もあるため、有効に利用すべきだと思っている。音楽業界はCD等のソフトの売り上げが減少し、コンサート等のライブビジネスが伸びているなかで、なぜ人気アーティストはもっとコンサートをしないのか不思議である。

もっとチケット価格を上げろ

毎回チケットの転売問題を考えるときに思うのが、チケットの価格を大幅に引き上げれば解決するということである。なぜなら、転売屋は、転売したチケットの価格から正規のチケット価格を引いた金額が利益になるので、この利益を圧縮するには、正規の価格を大幅に引き上げれば、転売屋も商売できなくなるからである。

もちろん、このいうことを言うと、「収入の少ない若いファンを見捨てるのか。」等の意見もでるが、本当に見たいファンなら多少価格が高くても買う人はいるし、値段が上がった分だけ、アーティストが素晴らしいコンサートを行えばよいという反論をしておく。また、人は高いお金を出した分だけ、コンサートを楽しもうとするため、満足度もより高まると思う。

次にうまく転売システムを利用しているアーティストを紹介しようと思う。

ハロプロはチケットの転売を黙認し、利用している

チケットの転売に反対するアーティストの団体があるが、ハロプロの所属するアップフロントは参加していない。そのため、ファンクラブのチケットだろうが、基本的に身元確認もないため、転売可能である。なぜ転売を黙認しているかというと、転売チケットの値段が、正規の価格を上回ることのないように、需給バランスやチケット価格を調整しているからだ。

簡単に説明すると、ハロプロのコンサートのチケット価格は、一般のアイドルグループよりも割高であり、コンサートの数も多いのである。そのため、転売されたチケットが正規の値段よりも安く買えることのほうが多く、実際自分も正規価格よりも安い転売チケットで入ったことがある。さらに、チケットが安く転売されることで、新規のお客さんも気安くコンサートに足を運びやすいのである。ただ例外として、最前の席等の価格は、跳ね上がるが、そのような席はファンクラブに入っている者にとって数年に一度しかないことであるため、転売して稼げるチケットではないということである。

最後に

もちろん転売はよくないという意見もわからなくもないが、転売チケットの高額化は、アーティストの努力でなんとかなるものではないかと思うので、法律の規制には反対である。

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

 

 

 

 

 

コメント