清水エスパルスの来シーズンの補強について考えてみた

清水エスパルスが、来シーズンのJ1残留をきめ、ヤン・ヨンソン監督の続投が決まった。そこで、素人ながら、来シーズンの清水エスパルスの補強を勝手に考えてみた。

清水エスパルスの現有戦力

GK…六反勇二、西部洋平、新井栄聡、植草裕樹(引退)

DF…ファン・ソッコ、フレイレ(湘南移籍)、鎌田翔雅、松原后、二見宏志、飯田貴敬、立田悠悟、伊藤研太、角田誠(長崎移籍)

MF…竹内涼、六平光成、白崎凌兵(鹿島移籍)、兵働昭弘(引退)、河井陽介、増田誓志(ソウル・イーランドFCレンタル移籍)、石毛秀樹、水谷拓磨、滝裕太、西村恭史

FW…鄭大世、村田和哉(柏移籍)、長谷川悠(長崎移籍)、ミッチェル・デューク(契約満了)、クリスラン(契約満了)、北川航也、金子翔太、平墳迅、高橋大悟、ドウグラス

レンタル移籍中…枝村匠馬(契約満了)、宮本航汰(レンタル延長)、高木和徹、呉少聰、清水航平(広島レンタル移籍)、楠神順平

補強の優先順位は右サイドバック、ボランチ、センターバックの順か

今シーズンの清水エスパルスは、4-4-2のフォーメーションをベースに戦っており、監督の続投も決まっており、来シーズンもこのベースが変化しないことが予想される。そこで、個人的に補強すべきポジションをリストアップしてみた結果、右サイドバック、ボランチ、センターバックになった。

まず右サイドバックだが、今シーズンは立田悠悟がレギュラーでこのポジションを務めた。しかし、彼の本来のポジションはセンターバックであるため、そろそろセンターバックのレギュラー争いに参加させたいため、何としてもJ1で戦える右サイドバックの補強は必須だ。

次にボランチ、今シーズンは河井と竹内または河井と白崎のダブルボランチでまわしていたが、どの選手も攻撃的なボランチで、ボールを奪取する能力のあるボランチがいなく、相手カウンター時のリスク管理が難しい陣容だった。そのため、守備的ボランチの補強は必須で、できれば河井選手のようなゲームメーカーの選手も補強したい。

最後にセンターバック、今シーズンはファン・ソッコとフレイレの2センターバックでまわしていたが、控えのメンバーに角田と二見しかおらず、この二人はJ1レベルで戦えるセンターバックとは言い難いため、一人でもいいので即戦力となるセンターバックを補強したい。

追記(契約満了と移籍)

先日のクラブリリースより、レアンドロ・フレイレ、ミッチェル・デューク、角田誠、植草裕樹、長谷川悠との契約満了のニュースが入ってきた。どの選手も清水エスパルスとともに苦しいときも良かったときも戦い、ファンにも好かれた素晴らしい選手たちである。別のチームにいっても応援していきたいと思う。

これにより今シーズンのCBのレギュラーのフレイレと控えの角田がチームを去ることが決定したため、CBは補強必須である。もちろんユース出身の立田の活躍も期待したいが、このポジションは明らかな駒不足であるため、右サイドバック以上に補強必須である。

追記になるが、村田和哉が柏レイソルへ、増田誓志がソウル・イーランドFCへ、白崎凌平が鹿島アントラーズへそれぞれ移籍が決まった。村田と増田は、なかなかポジションを奪えていなかったため、移籍はしょうがないと思うし、新天地での活躍を祈っている。白崎の移籍は衝撃だった。ここ数年のエスパルスの10番をつけた選手の0円移籍はそろそろやめてほしいし、Jリーグは選手の契約年数が分からないので、どの選手があと何年契約が残っているのかが分かりづらいので、サポーターがこの時期に疑心暗鬼に陥りやすいので改善してもらいたいと思う。清水エスパルス側も契約延長をせず0円移籍を行おうとする選手をヨーロッパのサッカーチームの様に分かりやすく干したほうがいいのではないかと思った。

追記(新加入予定選手)

GK 梅田透悟(清水エスパルスユース)

MF 西澤健太(筑波大学)

エスパルスユースからGKの梅田透悟とユース出身で筑波大学から西澤健太が加入することが決まった。エスパルスユースで育った選手がチームに加入することは育成クラブとして嬉しく思う。これから厳しい競争を勝ち抜いてレギュラーを張れる選手に育っていってほしい。

FW 中村慶太(ヴィファーレン長崎)

この選手はトップ下もサイドハーフもこなせる選手でテクニックもあり、今シーズンはリーグ戦27試合で7得点をあげており十分にJ1でも戦える選手が加入した。まだ確定ではないがおそらく鹿島に移籍する白崎凌平のかわりでの補強だと考えられる。

DF エウシーニョ(川崎フロンターレ)

リーグ二連覇のチームの右サイドバックを複数のチームの争奪戦で補強したフロントを少し褒めたい。この選手は攻撃のセンスもあり、素晴らしいテクニックのある選手で、清水エスパルスのサッカーにすぐフィットできる選手だと考えても良い。昨シーズンの清水エスパルスは右サイドバックに大きく悩まされたので、この補強は素晴らしくチームにあったものである。また獲得に少なくとも億単位のお金は使ったことが考えられるため、チームの財布を少し心配している。

DF ヴァンデルソン(アトレチコ・パラナエンセ)(レンタル移籍)

少し前から移籍が噂されていた選手だ。昨シーズン所属していたCBのフレイレと角田は他チームに移籍してしまったため、このボジションの選手層が薄くなっていた。この選手のプレー動画をみる限りでは、足元の技術もあり俊敏性の高い選手にみえる。はやくJリーグにフィットしてもらい、レギュラー争いに加わってほしいと思う。

MF ヘナト・アウグスト(SEパルメイラス)

この選手は、清水エスパルスが手薄な潰し屋系のボランチである。この選手の加入で、かなりチームの失点が減少するのではないかと思っている。もちろん竹内・河井のボランチレギュラー組の壁は厚いが、どんどんレギュラー争いに絡んでいってもらいたい。

プロ2年目になる選手のレンタル移籍も考えたい

二年目になる選手は、エスパルスに多いが、今年エスパルスが、カップ戦を早めに敗退したことにより、出場機会が得られた選手も多くないためできれば、レンタル移籍で武者修行させたいところである。

最後に

昨シーズンから、DAZNマネーが入ってきており、選手の獲得にも多くの資金が必要になってきており、清水エスパルスも大変だと思うが、選手の補強を頑張っていただきたいなと思った。

 

コメント